引越しは唯一無二でピッタリの条件の人は出てこないので

こうして生まれた物流であるがこの時から二つの流れを持つものとなった。それは前記の答申が示していると言える。それが「流通システム化」と「物流革新」である。

まず、産業構造審議会の流通システム化であるがそれは流通過程の近代化を求めたものであると言え、物流はその中で大きな地位を占めるものであると理解できる。流通システム化における物流は流通過程における組織化・共同化を大きくとり上げ、その中での物流技術の革新として「ユニットロード・システムの普及(特にパレチゼーション)」や「コールド・チェーン施設の整備・配置」、「社会資本の整備・充実」を上げている。さらに個別企業における物流管理が重要視され、サカイ引越センターそこでは「単品管理による在庫管理」物流市場と二つの物流
などによる電話受注」「遠隔地企業間の委託出荷体制」などのほかに「マテリアル・ハンドリングの自動化」「ダイヤグラム配送」「共同配送センター」がある。そして、その前提にあるものとして「商品コードあるいは取引コードの統一」「各種帳票類の規格化」「商品の荷姿の規格化」などの標準化があげられている。