離婚しないほうがいい理由

離婚をしたいとおもっても、実際には離婚をしない方がいいケースがあります。では、どのようなケースで離婚をしない方が良いのでしょうか?まずは経済的な自立が難しい場合です。これは男女ともに言えることです。

長年専業主婦だった人が働き始めようとしても、難しいケースは多くあります。また男性側の場合、慰謝料や子どもの養育費の支払いなどによって、経済的に困窮するというケースは多くみられます。離婚後はどうしても経済負担は増えるため、お互いの経済的な自立が難しい場合には、離婚後共倒れをする可能性もあります。子どもがいる場合、最悪子供に会えない可能性というものもでてきます。これは親権をどちらが取るのか、面会交流権を取ることが出来るのかという点です。子どもには母性が必要ということもあり、子どもを母親が引き取るケースは多くなりますが、母親に非がある離婚の場合には、親権を父親がとることもあります。場合によっては離婚によって子供に合うことが出来なくなる可能性もあります。このようなことを避けたいという場合には、離婚をしない方がいいですよね。
浮気調査 神戸