どのタイミングから値引き交渉を本格的にするのか?

一度目は、軽く商談しておきます。その後、2回目のディーラーとの交渉をする時には、まずは、本命のディーラーに行く前に、競合車を販売しているところで、競合車の値引きが現時点で出来る金額が、具体的にどれくらいになるのかを出してもらいます。競合車の値引き額が分かった場合には、それをぶつけて安くなるか交渉すると言った方法も良いです。

交渉方法としては、基本的に、いくつかのディーラーに行って色々な見積もりを準備します。その上で、好条件のディーラーの条件を基本にしつつ、その条件をぶつけることによって、他のディーラーの販売価格もできるだ得k限界値引きまで安くすると言うことをおこなうと値引き交渉の駆け引きが不要になります。

例えば、ハリアーの値引きといった事を考えた場合には、ハリアーやその競合他社の自動車の見積もりを取って、その時に、どの車種にするかは決めていないが、出来るだけ安く買いたいと言った事を伝えるようにして、変な事は言わないで値段で決めると言ったイメージを与えておくのが大切です。