内側からできる日焼け対策

日焼けへの対策をしっかり行うことは、お肌のためになります。お肌が日焼けの影響を受けると、それだけしみやそばかすなどの症状が出るようになります。日焼け対策にクリームをつけたり、美白にいい化粧品を使うという方法もありますが、日焼け対策になるものを食べることで体を内側からつくることも可能です。

日焼けにいい栄養素といえば、挙げられるのはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどです。ビタミンCは、日焼け対策にいいといわれる化粧品などにも配合されています。肌の黒い部分はメラニン色素という成分の生成によりますが、これを減らすと同時に、エラスチンをふやして肌のもちもち感を高めてくれます。活性酸素は紫外線を皮膚に浴びることによってできやすくなりますが、ビタミンCは活性酸素の除去にも効果的です。体内の酸化を防ぐ成分にはビタミンEがあります。酸化は肌の老化現象を促進しますが、この作用をストップさせることができます。ビタミンCのように抗酸化作用があるものは、コラーゲンの生成も促進するといいます。生理の女性は、日頃より日焼けがしやすいといいます。ビタミンAは生理中に消費されやすいことが、その理由だといいます。日焼け対策効果があるという食材を積極的に用いて食事をすることで、サプリメントを使わずとも体にいいものを確保できます。
ミュゼコスメ デリケスキン