状態により使い分け

メイクしたまま寝るとシミになるって本当でしょうか?肌トラブルを起こすことはほとんどありません。メイクアップ料は基本的に安全な原料しか使っていません。化粧膜には誇りなどの汚れが付くので、その日の汚れはその日のうちに落とすようにしましょう。

メイクアップ料は、大なり小なり油分をふくむのであまり放置するとニキビなどの原因になることもあります。ご飯を第一に思い浮かべるでしょうが、夜更かしをした翌日は、一日中だるかったり、夜寝ている間に、肌をふくむ体全体が修復されているからなのです。まずは、よくあるNGなことですが、泡立てが足りないことです。洗顔は摩擦で洗うのではなく、泡で汚れを落とすものです。また、けっこう多いのが時間を掛けすぎる洗顔です。長々とやりすぎると当然肌に負担になります。まずぬるま湯で顔をぬらします。手を洗って雑菌を落とし、その後、顔をぬるま湯で素洗いしておきます。あいだに泡のクッションができる程度にしましょう。泡は皮脂の多いTゾーンからのせます。頬や顎などのUゾーンにも泡を載せ、泡を転がすようにして、軽く汚れとなじませます。お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により使い分けることが必要です。代わらない方法で毎日の、スキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思い行えばいいワケではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、お肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアを行うという感じに変えてあげることがお肌のためなのです。春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから使いワケることもスキンケアには必要なのです。

ヴィタクト