腹式呼吸のダイエット効果とは?

私たちは当たり前に呼吸をしています。意識をせずに呼吸をしているとき、ほとんどの人が「胸式呼吸」です。

しかし、ダイエット効果があるのは胸式ではなく「腹式呼吸」だと言われています。そこで、腹式呼吸のダイエット効果について、また腹式呼吸の正しいやり方やメリット・デメリットについてなのですが、胸で呼吸する「胸式呼吸」とは全く違う呼吸法が「腹式呼吸」です。腹式呼吸は、お腹を使った呼吸法になります。よく演劇や声楽などに使う種類の呼吸法になるでしょう。お腹を思いっきり動かすので、ダイエット効果が非常に高いことで有名です。普段、起きているときの呼吸は「胸式呼吸」です。しかし、寝ているときは自然とお腹を動かして呼吸している「腹式呼吸」になります。身体を横にしたとき、意識して呼吸に注目してみて下さい。自然とお腹が上下していると分かります。息を吐くときはきちんとお腹が下がって、吸うときはお腹が大きく膨らむでしょう。お腹が上下しているときこそ、腹式呼吸をしている証拠です。

http://xn--ldkhp5fg7gy723fm0f.xyz/

つまり、胸式呼吸は胸がポンプの役割になっていますが、腹式呼吸はお腹がポンプになっています。よって、ウエストの筋肉・インナーマッスルを鍛えることができるのです。毎日続けていけば自然と痩せることができるでしょう。お腹を動かす腹式呼吸のダイエット効果は、主に「ウエストのサイズダウン」になります。パンツやスカートを身につけるとき、ウエストが合わなくなったと困っている人は多いでしょう。ウエストのサイズがアップすると悲しい気持ちになります。しかし、腹式呼吸を地道に続けていけば自然とウエストのサイズダウンが期待できるでしょう。なぜなら、普段意識して使わない筋肉を鍛えることができるからです。特に、「大胸筋」はダイエット効果に大きな影響をもたらします。大胸筋の筋力アップは基礎代謝の向上につながるのです。基礎代謝が向上すれば、痩せやすい体質になるでしょう。痩せにくいと言われる産後は基礎代謝が落ちるのが原因です。よって、基礎代謝をあげたい人は腹式呼吸をして下さい。大胸筋を鍛えることはダイエット効果が高まる大きなポイントになります。お腹を動かす腹式呼吸は、正しいやり方で続けなければなりません。正しいやり方で腹式呼吸をするからこそ、ダイエット効果が生まれます。そこで、腹式呼吸の正しいやり方についてですが、まず、口から大きく息を吸いこみます。吸った息を10秒~12秒かけてゆっくり吐き出しましょう。お腹の中にある空気をすべてそとに出すよう、ゆっくり吐き出すことがポイントです。痩せたい人にとって腹式呼吸のメリットは大きいです。お腹が引きしまる、痩せやすい体質になる、基礎代謝が向上するなどダイエットにつながる効果がたくさんあります。しかし、腹式呼吸のメリットはダイエット効果だけではありません。重心が下になるのでバランス感覚が安定する、大きな声が出るなどのメリットが生まれます。普段から転びやすい人はバランス感覚が悪いので、腹式呼吸の効果が大いに実感できるでしょう。お腹まわりの筋肉が鍛えることができ、内蔵のマッサージ効果もメリットの1つです。マッサージ効果によって内臓の動きが活性化できます。内臓の活性化によって、健康的な身体になるでしょう。お腹を積極的に使って呼吸する腹式呼吸は、基礎代謝の向上、ウエストのサイズダウン、リラックス効果などたくさんのメリットがあります。ほとんどデメリットはないので、腹式呼吸をしたほうが効率的です。しかし、普段から意識してお腹を使わなければなりません。腹式呼吸は毎日続けることで効果が生まれます。すぐに効果が出る人もいますが、基本は毎日続けてください。寝る前やお風呂あがりなどリラックスしているときに腹式呼吸をすると効果的です。日頃から呼吸に注目して生活していきましょう。
今日は久しぶりに遊園地に行ってきました。ちょっと騒げてストレス解消になりました…!遊園地の中でもジェットコースターが一番私は好きです。小さい頃は全くジェットコースターに乗れませんでしたが、今は何回も乗っちゃうほどジェットコースターが好きです!遊園地は約2年ぶりでした!この二年間何をしていたんでしょうね…乗りたいものは全部乗れたので満足です。家の近くには遊園地がないので次はいつ遊園地いけるのか…年取ってジェットコースターに乗れなくなる前にはたくさん乗っておきたいです!まだまだだと思いますが…次はもっとジェットコースターがたくさんある遊園地に行きたいと思っています!