認知症の男女別人数

脳の血管型の認知症の人は一般論では爺の人数比が多くなる傾向があります。
一方、アルツハイマーと呼ばれる認知症の人は婆の人数比が多くなると言われております。

脳血管タイプの、認知症の最初あたりの症状としては意欲低下や自発性のダウン、夜間の不眠や不穏があげられます。

小規模の脳梗塞や脳出血が起こった場合だと、症状がふらつきや目まい程度にとどまってしまい認知症が原因(これがあって結果があるのが自然の摂理ですね)と気づかないケースも数多くあるようです。
より症状が進行すると脳がダメージを受けた箇所によって、症状の出具合がちがうまだら認知症と呼ばれる症状が特性としてあげられます。

認知症と呼ばれている病はイロイロな原因で脳内セルの萎縮などを引き起こしてしまい、司令塔の脳に対してしっかりとした伝達が正常にできなくなり、体などに悪い変化が訪れて普段の生活ができなくなってしまうほどの状態になってしまう病気をさします。
以前は痴呆症という名前で知られていましたが、その言葉が意味する事自体に「差別的な意図を感じる」という声が多数寄せられたらしいので2004年あたりから認知症と言われ初めました。

認知症 治療 費用