3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。

そう言う事で、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然異なります。
具体例を出せば、3波を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比べると、一回り広範囲での通信を行えます。(WiMAX 2+の新製品Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)が登場!従来端末と比較情報)

 

他には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。
UQ WiMAXを契約すると、その利便性の良さに驚かされます。
私がWiMAXと契約後に思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、通信制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAXサービスの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が一般的で、契約期間内に解約手続きを進めた時には契約解除料が掛かってしまいます。最初の13ヵ月の間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料は14000円で、26ヵ月目以後となる契約解除料は9500円となります。ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードになっていて、最初の25ヵ月間の契約解除料の設定金額は24800円、26ヵ月目以降の契約解除料としては9500円となります。だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合は契約20日以内の解約に対して契約解除料が請求されませんので、単純に厳しいとも断言出来ません。
WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、いくつか存在します。

具体的には、モバイルのネット通信ですから、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。

次に、無線の通信回線ですので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。

なおかつ、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。
はたまた、通信の規制が厳しくないと言う部分も、WiMAXの魅力と言えます。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。

貯まったGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用する事が可能です。BBウォレットの口座にお金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。他には、GMOポイントは約2万店の提携店の通信販売で現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。

WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、複数あります。

契約するプロバイダでキャンペーン特典の内容が違いますから、その部分は、注意した方が良いです。
具体例を挙げると、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。この様に、各キャンペーンでお得感は違いますので、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。そのテクノロジーにより、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになる訳です。それに、Bluetoothにも対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。URoad-StickはUSBサイズの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに挿し込む事で、そこから電気をまかないながら使用する事が出来ます。
ややこしいセットアップも不要で使用出来ますから、そう言う手軽さが評判のWiMAX端末となっています。
対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度となると110Mbps出す事が可能です。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末なので、バッテリーを内蔵していない為、使用用途は屋内使用のみに限定されています。
そんな部分はありますけど、可動式の高感度アンテナが外部に取り付けられており、受信精度の高さがウリの一つとなっています。
加えて、一度に16台もの端末をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線接続する事が可能です。なおかつ、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますから、速度制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。

 

そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。
加えて、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。

 

Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX機器です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。合わせて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言う広い通信エリアを利用する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんから、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。WiMAXサービスの中において、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。しかしながら、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。なおかつ、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつの通信も可能です。

 

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、二種類あるキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一つのキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。
Gポイントの方が貰えるキャッシュバック額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った時期から貰えるのに加え、貰い損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。
WiMAXサービスの月々の料金ですが、実際のところ、契約先によって料金が違います。
例を挙げると、Broad WiMAXの場合は最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。こんな風に、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。
WiMAXの機器は、日々高性能化されています。
何よりも、通信速度の改良が目立ち、現時点で、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。とは言うものの、ここのところは通信の速さよりも、総通信量がどれだけ達したかに対する注目が見られます。新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。何故かと言うと、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。ですから、メーカーもしくはユーザーとしては、ここに対しての関心事が高まっているのです。

So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つとして挙げられます。その訳は、So-netのインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが人気なのです。
付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事を指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用出来て、最大で5台の機器までインストールする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々なリスクを減らす事が出来る点が、とても嬉しいキャンペーン特典と言えます。WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。

それほど長期契約期間になっていますから、きちんとしたところと契約を行いたい所です。
うっかり見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの対応です。

コールセンターの営業日が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。
UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間に渡る契約が基本です。

 

と言うのも、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
その上、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結局のところ、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。
500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。

 

人気のWiMAXサービスではありますが、速度制限を気にする必要があります。
他のモバイルサービスと比べると、そこまではWiMAXの速度制限は厳しくないです。

そうは言っても、通信量によっては速度制限が適用されますので、不必要に通信し過ぎるのは要注意です。
しかし、仮に速度制限になってしまったとしても、大容量のダウンロードを行わなければ、問題無くインターネットを使用する事が出来ます。

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社になるUQコミュニケーションズです。ですので、auと連携したサービスがいくつか存在します。その中で代表的なのが、auスマートバリューmineなんです。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの月額料金が安くなるサービスです。

 

WiMAXの利点としては、無線通信を行なう事が出来ると言う点が一番大きいです。
無線を使う形なので、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。

 

なおかつ、WiMAX機器は小型ですから、持ち運び性が長けています。

そう言う部分を考えると、タブレットとの組み合わせが良いです。

ですので、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。
圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。だけど、auスマートバリューmineに対応していませんので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。
その上、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。昨今のネット業界においては、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。使える場所が予め決まっている固定回線とは違うので、利便性が大幅に上がっています。使い勝手とは反対に、モバイルは安定性に不安が残る方もいるでしょう。
だけど、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、通信状況は安定しています。なので、モバイルとは言えども、安定しないと言う事は無いです。

Broad WiMAXは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、その中でも月額最安プランが特徴的だったりします。月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点にあります。
とは言っても、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結果的には初期費用は支払う必要が無くなります。その他、いつでも他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特性になっています。
モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。
例えば、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。
確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信速度はわずか3Mbps程度です。
ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。

ですので、速度制限が無いとは言えども、WiMAXと比較すれば、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応している機種もあります。

 

au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、幅広いゾーンで繋がります。そればかりか、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった場所にまで電波が届きます。デメリットとしては、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。

 

ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このサービスって、通信制限が厳しすぎず、少しは使い勝手が良いです。そこで、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、一番適したモバイルサービスと言えるでしょう。
通信制限をいちいち気にしてられないのならば、検討事項にしてみても良いでしょう。WiMAXサービスを導入した事により、私の日常は大きく一変しました。最も大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。なので、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。