同じ紫外線でも日焼けに差が出る原因

なぜ、同じ環境で同じ量の紫外線を浴びていても、ひどい日焼けをする人と、そうでもない人がいるのでしょう。

一緒に屋外で遊んだり海辺にいたりして、同じ量の紫外線を浴びたはずなのに、日焼けの差が生じることは良くあります。また、日焼けの内容も、肌が黒くなる人もいますが、赤く腫れてしまうという人もいます。人によって、日焼けの症状が違うことは周知の事実です。日焼けのもとになるメラニン色素の生成力に差があることが、日焼けの症状が異なっている理由です。日焼けには、紫外線のB波によって肌が炎症が引き起こされるサンバーンと、A波によってすぐに肌の色が濃くなるサンタンがあります。

紫外線A波を皮膚に照射すると、肌は紫外線の影響から細胞を守るために、メラニン色素を生成します。このメラニン色素をつくるためのメラノサイトの機能に個人差があります。紫外線を浴びるとすぐにメラニンを合成するので、肌は黒くなりやすいですが、光老化は出にくいと言われています。これに対して、なかなか日焼けしない人の場合は、紫外線を遮るためのメラニン色素がなかなかできないという人になります。あまり日焼けをしないという人は、その分、光老化のリスクが高くなります。強い太陽光の下が活動してしても、日焼けをしないという人は、紫外線の影響が少なく見えます。見た目の印象とは異なり、日焼けによって肌が黒くなりにくい人ほど紫外線対策が重要であると言えるのです。http://www.fairyclub.net/